2013年10月

                    情報セキュリティ基本方針

日鉄住金物産情報システム株式会社は、情報化戦略とともに情報セキュリティを経営上の
重要な戦略として捉え、経営情報、顧客情報、個人情報、営業情報、技術情報等を適切に
保護することが極めて重要であるとの観点から、ここに「情報セキュリティ基本方針」を制定し、
次の取組みを実施いたします。

1.情報セキュリティに関する法令、その他社会的規範及び社内規程等を遵守します。

2.情報資産への不正な侵入や紛失、漏洩、改竄、破壊等に対する適切な予防策を講じます。

3.情報資産は、機密性、完全性及び有用性の視点からその重要性とリスクに応じた取扱
  基準を定め、適切に管理します。

4.情報セキュリティに関する社内教育・訓練を定期的かつ継続的に実施し、意識向上と
  社内規程等の周知徹底を図ります。
  違反者に対しては、社内ルール等に基づき厳正に対処します。

5.情報セキュリティに関する事故等が発生した場合は、その被害を最小限に抑えるよう
  努めるとともに、原因を究明のうえ、早急に再発防止策を講じます。

6.情報セキュリティ活動を定期的に検証し、その改善に努めます。

7.本基本方針及び関連諸規程は、社会情勢の変化等に応じ継続的に見直すとともに、必
  要により改定します。


TOPページへ戻る